ブルーストーン争奪戦 【ステサバ】

ゲーム
この記事は約4分で読めます。

 

ブルーストーン争奪戦は毎週火・水曜日に開催されるイベントです。
 
画面の右下に表示されるアイコンかイベントルームのバナーからイベントの参加ページに移動可能です。
 

ブルーストーン争奪戦の内容について

 
まずは参加するためのエントリーが必須です。
 

エントリーするには

 
参加するにはイベント開始前の事前のエントリーが必要で、時間枠をチェックして空きのある枠から参加したい時間を選んでください。
 
時間はUTC時間なので、日本時間とは9時間のズレがあります。
 
UTCの6月19日14:00であれば、実際のイベントは日本時間の6月19日23:00です。
 
実際には入場後の準備待機があるので、23:03くらいに開始になります。
 
 

ブルーストーン争奪戦でもらえる報酬

ブルーストーン争奪戦に参加すると、獲得したガスの量やランキングに応じて報酬がもらえます。

指揮官装備のバッジの強化素材をメインに、バイオキャップや各種時短アイテムなどがもらえます。

 

ブルーストーン争奪戦の目的は

ブルーストーン争奪戦はガスを集めるのが目的で、メインはLv1~3までの採掘場です。

この他に時間経過とともに追加される特殊な採掘場をおさえることができれば、大量のガスを集めることができます。

採掘場は最初はアンデッドが守っていますが、二度目からはそこを守っている他プレイヤーをどかして採掘することになります。

ブルーストーン争奪戦が開始になったら

ブルーストーン争奪戦エリアでは、高度移転装置を5回まで無料で使用できます(※1回ごとに要クールタイム)

進軍スロット数は通常の進軍数と同じ数で、Lv20から25くらいの人手あれば4スロットを動かせる人がほとんどかと思います。

編成される兵科は自分の部隊のいちばんティアの高い兵科となります。

各部隊は戦いで損失しても数が減らず、負傷での退場もないので治療する必要はありません。

内容はバリバリの対人線

開始になって動けるようになったら、できるだけレベルの高いガスの採掘場をどれだけ占拠できるかがガスを多く入手する方法になります。

他のプレイヤーが調達している採掘場は攻撃して勝利すると奪う事ができます。

複数の地区から集まってきた他プレイヤーと競うことになるので、対人が弱いとけっこうキツイ・・💧

 

争奪戦タレントを獲得できる

進軍スロット数に余裕があれば、アンデッドを倒してEXPを稼いで争奪戦タレントを覚えることができます。

争奪戦タレントは毎回リセットされるので、使うには毎回獲得が必要です。

 

ガスタンクが周りに落ちる時あり

採掘場を攻めて勝利するとガスタンクが周りに落ちる時があります。

このガスタンクは回収するとガスをゲット可能です。

 

噴出性ガス採掘場

イベント開始から10分と20分後になると、噴出性ガス採掘場が出現します。
 
出現位置はランダムで、たった20秒の調達時間で4000もの大量なガスが獲得できるのが特徴です。

 

 

天然ガス研究所

2度めの噴出性ガス採掘場の出現から数分後のイベント開始から約23分が経過したくらいで、天然ガス研究所が出現します。

占拠できれば5000のガスを手に入れられますが、当然のごとく激戦区です。

 

 

ブルーストーン争奪戦のイベント終了後は

ステサバ新ロード画面

ステサバ新ロード画面

イベントの残り時間がゼロになると、メッセージのあとに自分の基地に戻ることになります。

イベント終了後から数分後に、成績に応じた報酬がメールで届きます。

 

負けても部隊が損耗しないイベントなので、初心者さんでも参加賞ねらいくらいの気持ちで軽く挑戦できるのがいいところかもしれません。

 

簡易な攻略法など

対人に自身があるなら、ライバルを殲滅しつつ中央に進撃するのがベストっぽいです。

初心者さんの場合や対人があまり得意でないなら、空いている採掘所をてきとうに調達していくだけでOKかと。

粘着で連続攻撃をされた場合などは他に転移するか、全部隊を退却させて仕切り直すのもありかなと思います。

 

無課金さんの歩き方(非推奨)

けっして推奨するわけではないですが、周囲のサバイバーが強すぎてどうにもならなそうな場合があったりします。

周囲を観察してライバルが圧倒的に強い場合などは、最初の数分だけでLv1採掘場に部隊を送って採掘をしたら、そのまま時間切れまで放置するのも手かもしれません。

参加賞狙いですね💧

 

✅関連記事

ステサバ無課金初心者攻略まとめ【2022年からはじめるステート・オブ・サバイバル】

 

 

 

ゲームステサバ
スポンサーリンク
かさねなをフォローする
スポンサーリンク
かさねなめも

コメント