NFTの情報収集におすすめの方法は?【ニュースサイト・SNSの活用法】

情報収集について説明する女性NFT
この記事は約10分で読めます。

 

NFTは、これから世界的なブームになると予想されています。

そんなNFTの最前線な情報はどこで手に入れるのがおススメかということについて解説します。

ふにさん
ふにさん

効果的に情報収集したいですね

 

NFTの情報収集のやり方

情報源を3つにわけて考えていきます。

  • ニュースサイトを活用する
  • SNSでリアルタイムな情報をチェック
  • 書籍を読む

 

ニュースサイトを活用する

 

チェックしておきたいニュース関連のサイト

やはり、関連の情報をまとめているニュースサイトは、アンテナとして優秀です。

英語のサイトもありますが、気になるニュースがあれば翻訳サイトなどを活用して読んでいます。

 

大企業の動向やニュースを見る

最近の話題だと、LINEやメルカリといった企業がNFTに参入しました。

LINEやメルカリといった企業もNFTやメタバースの成長性に注目しているということですね。

先行者利益という話がありますが、こういった話題を速く知っておくことで未来に利益を得られる可能性がでてきます。

NFTはまだまだ日本では話題としてはまだまだあまり知られていない面が強く、ブームになるかは未知数ですが、大企業の動向を見ておくのも参考になってきます。

 

 

SNSでリアルタイムな情報をチェック

Twitterイメージイラスト

 

日常的にNFTに携わっている人の情報はメディアなどでもよくニュースになりますし、ブログやvoicyなどで情報発信をしている場合も。

自分で考えることも大切ですが、ニュースなどでとりあげている人の意見を知ったほうが効果的な場合もあります。

たくさんの情報があふれる昨今では、情報の取捨選択は必要ですが、信頼できる人の意見を聞いてみるのも勉強になります。

日常的にNFTに携わっている人の情報にふれてみる

SNSのメリットはなんといっても情報の早さです。新鮮な情報をリアルタイムでチェックすることが出来ます。

 

miinさん (ツイッター)

miinさんは、NFT情報コレクターの名の通り、NFTの最新トレンドを発信されています。

NFTのトレンドを知っておきたい人はフォローをおすすめ。

毎週月曜日に国内NFTの売上ランキングを更新されていますし、海外のコレクターに関する情報もチェックできるのは大きいです。

 

イケハヤさん (ツイッター)

イケハヤさんは、「武器としての書く技術」などの著書や  かつては炎上などで有名でしたが、最近はNFTを始めとしたテクノロジーに関する発信が多いです。

イケハヤさん自身も絵師さんなどとタッグを組んでNFTコレクションを運営していますから、クリエイター目線からの情報が得られます。

仮想通貨関係の情報発信もされていますので、暗号通貨に関するの最新情報もチェックできます。

Voicyやメルマガも要チェックですね。

 

マナブさん (ツイッター)

マナブさんはブログやアフィリエイトに関する知名度が高く、最近は仮想通貨やテクノロジー関連の情報発信が多いです。

難しいニュースなどもかみくだいてわかりやすくした形で発信してくれますので、移動時間などにチェックしたりといったスキマ時間の活用にも。

Voicyメルマガも要チェックですね。

 

おにぎりまんさん (ツイッター)

おにぎりまんさんはNFTアートで有名なクリエイターです。
NFTアート関連の情報発信が多いです。
ひとめでわかる特徴的なonigiriman’s cute girl Collectionも要チェック。

フォローしていると、ニュースなどで疲れた脳を癒やしてくれるカラフルなイラストにふれることができます。

 

DeeZeさん (ツイッター)

DeeZeさんは、海外のインフルエンサーです。

NFTについて情報発信されていて、英語力は必要となってきますが海外の情報を早く知っておくことは優位性もありますから、おすすめです。

 

 

書籍を読む

 

NFTに関する情報は雑誌などでもよく取り上げられていますし、書籍にもなっていますから書店や図書館などを利用してチェックしておくのもおすすめな方法です。

prime readeding や kindle unlimited などもうまく活用したいですね。

以下の本は、kindle unlimited に加入していれば無料で読めます。

 

 

実際にNFT・仮想通貨・DeFiといったものに、さわってみる

メタバースってなんだろうと思っている女性

NFTに限らないことですが、よくあるパターンとして、ずっと情報収集ばかりしていて行動をまったくしない人がいます。

情報を収集して基礎知識を身につけるのは大事ですが、あとは実際に行動してみるメリットも大きいです。

ですから、十分に基礎知識を身につけたら興味がわいたところから行動にうつしていく感じです。

なやんでいる男性
 

え、仮想通貨とか、ちょっと怖くない?

とはいえ、仮想通貨を購入することは投資ですから、そんなに気軽にできませんよね?

解説する女性
解説する女性

十分に勉強したら、超ベリー低リスクのことから始めてみるのがおすすめです。

暗号通貨の口座をもつだけなら費用はかかりませんし、暴騰しようが暴落しようが関係ありません。

仮想通貨は500円から始めることができます。

仮想通貨を購入するのであれば、0になっても構わないくらいに割り切って、少額だけイーサリアムを買ってみるとかですね。

 

NFTアートを描いてみる、NFTアートを売ってみる

それ以外の例をあげると、NFTアートを描いてみる、NFTアートを売ってみるといった感じです。

小学生の夏休みの宿題の絵や、チャリティーに出された絵が高額で売れた話題が有名です。

解説する女性
解説する女性

最近はNFTアートに参入した人も増えていますが、日本では まだまだレアケースですね。

NFTアートを売ろうとした場合、Openseaに登録するときにガス代といった費用が必要なんですが、このガス代は2年ほど前なら10円くらいでしたが、今はレートにもよりますが3000円から5000円くらい必要になってきます。

早く挑戦することには、こんなメリットもあるんですね。

仮想通貨やNFTに関する領域は進化スピードが早いため、ちょっとした遅れでも「大きな差」につながりかねません。

 

NFTの情報収集におすすめの方法は?【ニュースサイト・SNSの活用法】まとめ

まとめを解説する女性

情報源は大きく分けて3つ

  • ニュースサイトを活用する
  • SNSでリアルタイムな情報をチェック
  • 書籍を読む

実際にNFT・仮想通貨・DeFiといったものに、さわってみる

じっさいに、興味のあることからやってみるのがいちばん理解が早いです。

SNSやニュースなどで基礎知識を得たら、自分でSNSやブログなどで情報発信してみる方法もあります。

まよったら、やってみるのが早いんですよね。

やってみるのが、いちばんよくわかります。

少しくらいは失敗しても、致命傷をおわなければいいわけですし、失敗なしで稼いだり結果を出すのは難しいです。

 

関連記事:NFTのまとめ

NFTってなんですか?NFTのしくみと具体例をまとめてみる
NFTという文字を雑誌などでも見かけるようになりました。 NFTとは「Non Fungible Token」(ノン ファンジブル トークン)の略で、「非代...
NFT
スポンサーリンク
かさねなをフォローする
スポンサーリンク
かさねなめも

コメント