NFTってなんですか?【NFTの用語の意味やしくみについて】

NFT
この記事は約4分で読めます。

 

NFTという文字を雑誌などでも見かけるようになりました。

NFTとは、Non Fungible Token(ノン ファンジブル トークン)の略で、代替不可能なトークンという意味です。

なやんでいる男性
 

え? なにそれ怖い

なんて言われたって、よくわからないですよね。

 

そんな、「NFTってなんですか?」って疑問をわかりやすく解説していきます。

 

NFTとは?NFTの仕組みや意味について解説

疑問を感じる女性

NFTとは「Non Fungible Token」の略で、「非代替性トークン」のこと。簡単にいうと「代えの効かない しるし(証拠)」といった意味です。

所有者や取引の履歴についての証明書のようなデータを持ったデジタルデータといった感じ。

NFTによって、デジタルデータにも希少性や価値が設定できるようになったわけです。

 

非代替性とは?NFTのしくみについて

唯一だったり、かえがきかないって意味です。

具体的に言えば、「世界にひとつだけの絵」とか「世界に5つしかない貴重映像」みたいなのが作れるわけです。

絵とか映像じたいはコピーできたとしても、それらに紐付いているNFTはコピーできない為、本物と偽物がわかるから、区別できるわけです。

そっくりにコピーできても、

おこたえする女性
 

あの人、コピーをひけらかして自慢してるwww

みたいなことになるわけですね。

補足情報として、現在の日本の法律ではデジタルデータなどの無物体に所有権は認められていないそうです。

だから、「NFTには証拠が無い」とか言われたりします。

なので実際には、「NFTは、所有者や取引についての情報をもっているデータ」というイメージです。

 

NFTってなにがすごいの?価値やメリット、注目される理由について

これまでのデジタルデータは「簡単に複製ができるもの」でした。

NFTのすごいところは、今までになかった新しい価値観や可能性をもっているところです。

 

NFT化することができるデジタルデータは?

 NFTを付与する (NFT化)ことができるデジタルデータには、絵や音楽、ゲームなど幅広い可能性が期待されています。

NFT化できるデジタルデータには、以下のようなものがあり、NFT化することで希少価値を生み出すことができます。

  • デジタルアート(デザインやイラスト、動画や映像など)
  • 音楽
  • ドメイン
  • ゲームのアイテム
  • バーチャル空間上の土地や権利
  • 電子書籍の書籍データや版権 
  • SNSの投稿(文章や画像)

といった感じで、おおよそデジタルデータであれば ほぼなんでもNFT化することで、デジタルデータにさまざまな価値をつけることができます。

おこたえする女性
 

実際には、ガス代などがかかりますから、そう簡単にはいかない場合もあります

NFT化したデータをもっていることで生まれる価値もあります

情報収集について説明する女性

NFT化によって、あらゆるデジタルデータに希少価値が生まれることを解説しました。

このデータを持っていることで生まれる価値があります。

売買益の製作者への還元

たとえばNFTアートは、売買によって所有者がかわるたびに、あらかじめ設定されている金額が製作者にも入ります。

価値が注目されてひんぱんに転売されるようなことがあれば、製作者にもその売買益の一部が還元されるわけです。

これに注目した方としては、イラストレーターのさいとうなおきさんが有名です。

 

希少性(レアリティ)のあるデータを所有することで生まれる影響力

NFTによってデジタルデータに制作者や所有者の証明を付与することができます。

影響力や知名度のあるアーティストの作品は、それだけでも注目されます。

しかも希少性があって数が限定されているとあれば、なおさら注目を集めます。

そういったNFTアイテムを持っていることで、影響力をもつことができるわけです。

Crypto Pankなどが有名で、マナブさんや、イケハヤさんは早くからこういったことに注目していて、非常にレアなNFTアートを所有しています。

関連記事:NFTのまとめ

NFTってなんですか?NFTのしくみと具体例をまとめてみる
NFTという文字を雑誌などでも見かけるようになりました。 NFTとは「Non Fungible Token」(ノン ファンジブル トークン)の略で、「非代...
NFT
スポンサーリンク
かさねなをフォローする
スポンサーリンク
かさねなめも

コメント