NFTゲーム(GameFi)で稼げるって本当なの?話題になってるけど面白いの?

NFT
この記事は約17分で読めます。

 

2021年に仮想通貨が大きな盛り上がりを見せていましたが、2022年になってもアートや音楽、ゲームも話題になっています。

特に気になったのはNFTゲームで、

疑問のある男性
疑問のある男性

NFTゲームは遊んでるだけで稼げる、1ヶ月で10万稼げたって聞いたよ!

って感じで、雑誌なんかでも取り上げられてます。

日本製のゲームなんかも開発されていて、これから大きな市場になると言われていますから、気になる方も多いと思います。

ポイントを解説する女性
ポイントを解説する女性

そんなNFTゲームは稼げるのか?稼ぐには、どうしたらいいのかを紹介します。

結論からいうと、稼いでいる人もいるし稼ぐ方法はあるけど、稼げるかどうかは人を選ぶ

理由は、

  • 伸びていくのが予想されている市場だけど、現状は参入障壁が高い
  • NFTゲームは稼ぐことが可能だが人を選ぶ
  • 大きく稼げるかどうかは 「その人しだい」、稼げないケースだとアルバイトした方がマシ

となります。

関連記事:メタバースとは?メタバースは何ができるの?といった疑問を解説

NFTゲームって、どんなゲームなの?

 

NFTゲームは、仮想通貨のブロックチェーン技術を利用したゲームで、「ブロックチェーンゲーム」とも呼ばれます。

NFTってなに?

なやんでいる男性
なやんでいる男性

NFTって、仮想通貨のニュースで聞いたような気がするけど、どういうものなの?

NFTというのは、「Non-Fungible Token」(非代替性トークン)の略で、簡単にいえば「所有者などの情報の証明書がつけられているデジタルデータ」になります。

解説する女性
解説する女性

改ざんできないようにデジタルの署名がつけられているデータというイメージです

データを分散管理してデータを監視することで、改ざんや不正ができないように管理しているわけです。

NFTゲームは、こういった仕組みを利用して、従来のゲームの問題点を解決したり ゲームの中のアイテムのデータに価値をもたせられると言われています。

 

NFTゲームは、どうやって稼ぐの?

SNSを見ていても、NFTゲームは稼げるという話題をよく見かけますが、

なやんでいる男性
 

どうやって稼ぐの?

って思いますよね?

ブロックチェーンを利用したNFTゲームではデータの改ざんやDUPE(不正に増やしたり増殖させること)が起こりにくいです。

そのため、従来のゲームとは違ってチートやデータを改造したりといったことで不正が行われにくく、ゲームの透明性が担保されたり、ゲーム内で手に入れたアイテムに価値を持たせることができます。

仮想空間の土地やアバターなどをNFTのアセット(資産)として、現実世界と同じようにユーザーのあいだで取引できます。

これを利用して、ゲームをプレイして売却できるアイテムを集めたり、値上がりしそうな換金できるNFTアセット(資産)を事前に買っておけばいいわけです。

ポイントを解説する女性
ポイントを解説する女性

こうしてゲームをプレイする中で集めた資産やアイテムを換金して稼ぐことになります。

NFTゲームは、こうした取引を行えるように仮想通貨の口座を開設する必要が出てくる場合が多いです。

 

仮想通貨の口座となると面倒に感じる人もいるかもしれませんが、NFTゲームの利用者が多いコインチェックを例にすると、500円の少額から取引を始められて 口座の開設料金や維持費といったものは かかりませんので無料です。

 

 

 

NFTゲームの特徴やメリット

 

NFTゲームの特徴について、くわしく説明します。

収益化ができる

NFTゲームの最大の特徴は、収益化が可能なこと、つまり現実のお金を稼ぐことが可能な点です。

ゲームをしていく中で手に入れたアイテムを他のユーザーに売却したり、ゲームシステムによっては、良い成績をとってトップランカーになることで収益を得る方法もあります。

またレアなアイテムやアバターであれば、NFTマーケットに出品して売却し仮想通貨に交換できることもNFTゲームの魅力です。

そのため、早く始めた方が有利というような話が出てくるわけですね。

他のNFTゲームとデータを共有できる

一部のNFTゲームでは、ゲーム内で手に入れた資産を他のゲームに持ち出すことができる場合があります。これをNFTコンバートといいます。

NFTコンバートとは、NFTとして発行された資産が、別のブロックチェーンゲームでも使用可能になる機能のことで、クリプトスペルズ(CryptoSpells)のNFTカードの一部は他のゲームにコンバートして使えます。

クリプトスペルズ(CryptoSpells)からコンバートできるゲーム

・マイクリプトヒーローズ(My Crypto Heroes)
・ブレイブフロンティアヒーローズ(BRAVE FRONTIER HEROES)
・CHOJO-CryptoGirlsArena-

NFTコンバート機能を使うことで、NFTとして発行されたキャラクターやアイテムを、ゲームの垣根を超えて使うことができます。
とはいえ、全てのゲーム内の資産がコンバートできるわけではないので、どのキャラクターやアイテムがコンバート機能を利用できるか確認しておく必要がありです。

チートや不正への対策が強力

従来のふつうのゲームでは、チート行為や不正なデータの改造、不正なアクセスなどで、データを改ざんしたりランキングで不正行為を行ったりするプレイヤーの存在が問題になることがありました。

NFTゲームにおいては、このようなチートなの行為はほぼ不可能といってよく、ブロックチェーン上でなされるNFTのデータの記録はブロックチェーン上にあって、プレイヤーが不正にデータを改ざんすることは、基本的に不可能です。

チート行為や不正なプログラムによるズルで不快な思いをした経験がある人も、NFTゲームであればチート行為に悩むことはなさそうです。

例えば、従来のゲームではデータの改ざんが問題で、不正にデータを操作してランキングで1位を独占したり、アイテムを不正に増やしてしまうバグなどが問題でした。

そんなこともあって、ゲームの中の資産に価値をもたせることは難しかったんです。

 

サービス終了しても資産が残る

NFTアセットは、ゲームと独立しているので仮にサービスが終了してもNFTアセットはそのまま残ります。

(もっとも、サービス終了してしまった場合、そのNFTが他のサービスでも使えるような汎用性が無い場合は、残ったとしても価値は暴落してしまうかもしれませんが💧)

また別の取り組みとして、サービス終了したゲームのキャラクターやCGなどの素材をNFTのコレクションアイテムとして復活させようという取り組みもあるようです。

稼げると話題な おすすめのNFTゲーム 

NFTゲームの概要はわかったけど、どんなゲームがあるの? と思いますよね。

そこで、稼げると話題な おすすめのNFTゲームをご紹介していきましょう。

Axie Infinity(アクシー・インフィニティー)- 人気のモンスター育成ゲーム

Axie Infinity(アクシー・インフィニティー)
引用:Axie Infinity(アクシー・インフィニティー)https://axieinfinity.com/

ゲームジャンル  / アドベンチャー

対応言語  / 英語

公式HP https://axieinfinity.com/

Axie Infinityは、2018年にベトナムでリリースされたNFTゲームです。
初期投資が必要だけど、プレイするだけでゲーム内通貨を稼げます。
手に入れたゲーム内通貨は日本円に換金可能で、モンスターやアイテムをマーケットに出品して稼ぎます。

ゲームをプレイしてデイリークエストをクリアすることで、ゲーム内通貨のSLPを1日最低50~75SLP稼げます。
ランキングやPvPなどもあって、フィリピンではAxie Infinityの報酬だけで家を建てた人もいます。主に東南アジアで人気です。

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)- 人気なトレーディングカードゲーム

Crypto Spells(クリプト・スペルズ)
引用:Crypto Spells(クリプト・スペルズ)https://cryptospells.jp/

ゲームジャンル トレーディングカードゲーム

対応言語 日本語

公式HP https://cryptospells.jp/

Crypto Spellsは2019年6月にリリースされた日本最大級のNFTゲームで、ブラウザやスマホアプリでプレイできます。
無料で始めることもできて、入手したカードは資産になるので収益化も可能です。

所有するカードはマーケットで自由に売買できますし、大会で優勝してカード発行権を獲得するとオリジナルカードを発行できます。

手持ちのカードを他のゲームでも使えるといったゲームシステムが特徴です。

ただし、無課金ではレアカードを手に入れにくく、レアカードを手に入れたい場合は課金が必要になってきます。

 

 

My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ) – 歴史上のヒーローを操る本格的なMMORPG

My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)

引用:My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)https://www.mycryptoheroes.net/ja

ゲームジャンル MMORPG

対応言語 日本語

公式HP https://www.mycryptoheroes.net/ja

 

My Crypto Heroesは2018年にリリースされたMMORPGです。
ユーザー同士の対戦やクエストのクリア、アート作品の販売などでゲーム内通貨を獲得できます。
基本プレイ無料の国産NFTゲームで、PvPで勝利することでNFTアセットを獲得できます。

4つの環境でプレイできる「士農工商モデル」といったゲームシステムが特徴です。

無料で遊べますが、無課金で稼ぐいくのはキビシイです。大きく稼ぎたい場合、レアキャラやアイテムなどへの投資が必要になってきます。

 

The Sandbox(ザ・サンドボックス)- マイクラ好き必見!ゲームの土地を売買して稼げる

The Sandbox(ザ・サンドボックス)

引用:The Sandbox(ザ・サンドボックス)https://www.sandbox.game/jp/

ゲームジャンル オープンワールド

対応言語 英語/日本語

公式HP https://www.sandbox.game/jp/

The Sandboxは仮想空間「メタバース」内でプレイヤーが作成したキャラが自由に行動できる、建築やクラフトがメインのゲームです。
3Dのオープンワールド内で自由に遊べるマインクラフトを連想させるゲームで、ゲーム内の土地を不動産のように取引できます。

ゲーム内でNFT作品(キャラクターなど)を作って収益化が可能です。

スクウェア・エニックスが出資していて、2020年に日本への本格的に参入しています。

 

PolkaFantasy(ポルカファンタジー) – 日本の二次元カルチャーをテーマにした日本産のNFTゲーム

PolkaFantasy(ポルカファンタジー)

引用:PolkaFantasy(ポルカファンタジー)https://polkafantasy.com/jp/

ゲームジャンル トレーディングカードゲーム

対応言語 日本語/英語/中国語/ベトナム語/タイ語/インドネシア語

公式HP https://polkafantasy.com/jp/

PolkaFantasyは2022年4月から6月頃にリリースを予定しているNFTゲームです。
リリースに先駆けて行われたプレセールでは431万ドル(約4.7億円)の売上を記録しました。
世界中の日本アニメ・マンガ・ゲームファンに向けたグラフィックたビジュアルが特徴で、JRPGの世界観をNFTゲーム化しています。

これからリリースされる作品ですので、NFTゲーム参入に興味のある方には注目のタイトルです。

 

Illuvium(イルビウム) – 2022年リリース予定の美麗グラフィックなファンタジーRPG

イルビウム
引用: Illuvium(イルビウム)  https://www.illuvium.io/

ゲームジャンル オープンワールドファンタジーRPG

対応言語 英語

公式HP https://www.illuvium.io/

 
Illuvium(イルビウム)は、イーサリアムのブロックチェーンを利用したNFTゲームです。
イルビウムと呼ばれる世界で、イルビアル(というポケモンのようなキャラ)を捕まえて、ユーザー同士でPvPバトルをして競います。

オープンワールドゲームなので、世界を自由に探索することができます。
2022年のリリース予定ですが注目度が高く、ゲーム内通貨のILVトークンは高騰しています。

NFTゲームのデメリットは?

さて、ここまででメリットと稼げる人の特徴をご説明しました。

メリットやいいことだけではないですから、デメリットについても解説していきます。

NFTゲームのデメリットを挙げると、以下のようになります。

NFTゲームで稼ぐには初期投資が必要なケースが多い

NFTゲームを始めて効率的に稼ぐには、基本的に初期投資が必要なケースが多いです。

(※ 口座開設なし&無料で始められるゲームもあります)

例として、モンスターをゲットして対戦するトレーナーをイメージして説明します。

モンスターのトレーナーになりたいなら、従来のゲームでは最初に3匹のモンスターの中から1匹を選んで、他のモンスターと対戦して勝てば仲間になってくれたりしました。

しかし、NFTゲームの中では重要なキャラは資産ですから無料で大量にゲットできるようなことはありませんし、対戦で勝っても そう簡単には仲間になってくれません。

基本的に、取引をして手に入れることになりますし、何かを得るには何かの代償が必要です。

それに必要なのが初期投資、つまりお金です。

ポイントを解説する女性
ポイントを解説する女性

ちなみに、いちばん安いモンスターは、ほとんど戦力になってくれません。せちがらいですね

NFT取引には手数料がかかる

NFTゲーム内でNFTのアイテムを取引する場合には、取引手数料がかかります。

仮想通貨取引所に登録してウォレットを用意して、現金を仮想通貨に換金してウォレットに入れ、NFTアイテムを購入して代金を支払って・・・といった具合に取引をすると、取引手数料がかかります。

現金をゲーム内の資産にしたり、ゲーム内の資産を現金に換金するにはいくつもの取引があるので、手数料が馬鹿にならなかったりします。

 

NFTゲームは面白くない!?【日本人の感性にあわない?】

NFTゲームは まだまだ黎明期といえますし、現状はNFTという新技術や仮想通貨を利用した あらたなサービスという話題性などに注目されがちで、ゲームとして見た場合のクオリティはまだまだと感じることもあります。

ふに
ふに

(個人の好き嫌いといった趣向もありますが)

NFTゲームは、2024年くらいにかけて大きな市場になると予想されていますが、日本での知名度はまだ低くて、十分に成熟したゲーム市場とは言えません。

日本人受けしそうなゲームは、まだ企画段階・開発段階といったプラットフォームも多いです。

NFTゲームは危険?【法整備が不完全?不安要素あり】

NFTについては、まだまだ法整備が不完全な所があります。

とある運営者が逃亡して時価50億ドル以上の資産が蒸発したといったニュースがありましたが、投資者保護等の観点からみた場合に、まだまだ危険性があるのは否定できないといえます。

 

時間あたりの労働単価が低い

現行のNFTゲームは時間あたりの収益性が低いものが多く、初心者の場合だと、毎日1~2時間ほどプレイして、月2万円ほどが相場です。

時給で考えた場合、初期の収益性は低めでアルバイトの方が稼げます。

しかし、ランカーになれば話は別で、50位以内で約30万。10位以内となれば約100万ほど稼げる可能性がでてきます。

逆に言えば、ランカーになったりゲームの中で活躍して資産をきずけないと大きくは稼げません。

 

報酬の仮想通貨は価値が変動する

NFTゲームの場合、報酬のメインは仮想通貨です。有名プレイヤーなって名を売って別の方法で稼ぐと言った方法もありますが、ここでは割愛します。

仮想通貨の価値は変動するため、価格が上がれば収益も増えますが、下落すれば収益の低減につながります。

価格の上下に注視する必要があるので、メンタル的にも負担がくるのは覚悟が必要でしょう。

 

稼ぐ為に新しいNFTアセットを買う必要がある

ランカーのモンスタートレーナーを目指すなら、強いモンスターを手に入れる必要があります。

能力値の高いモンスターは価格も高いため、手に入れるためには相応の対価が必要になってきます。

有利に戦うためには、強いモンスターをそろえて、駆け引きを研究したり 本や情報を手に入れて勉強したりと、継続的に投資が必要になってきます。

 

 

 

NFTゲームで稼げる人の特徴

  • 勉強が苦にならない人
  • ゲームが好きで、先行投資ができる人
  • 試行錯誤が出来る人

こんな感じです。

逆に言うと、こういうの苦手だなって人だと稼ぎにくいかもしれません。

有名なアクシーインフニティの場合、ゲームを始めるのに初期投資として最低で3万円、できれば10万円くらい必要になってきます。

そして、ゲームの中での成績上位者(いわゆるランカー)ほど、ゲームの中で手に入る報酬がよく、もちろんですが下位の成績になるほど報酬は少なくなります。
 

ランカーやトッププレイヤーになるためには、ゲームについて研究したり試行錯誤をしたりといったことが欠かせません。

ふに
ふに

そのため、試行錯誤や勉強は必須となってきますから、苦手な方はアルバイトでもしていた方が稼げるそうです。

 

 

 

 

 

NFTゲームは稼げるの?稼げないの? 【まとめ】

ここまで解説してきましたが、結論としてNFTゲームは稼げるのでしょうか?

前提条件として、「NFTゲームが稼げると聞いて興味を持った方に、NFTゲームについての傾向をお伝えする」と言うことなのをご了承ください。

結論としては、稼げる人もいるけど人を選ぶといったところです。

NFTゲームで稼いだお金で家を建てた青年がいるというニュースがあります。

これだけ聞くと、NFTゲームはすごく稼げるように聞こえますが、これは日本ではなくフィリピンでの話です。

日本とは物価も環境も違い、これから始めるのであれば時期も違って先行者優位(先に始めたほうがいろいろと有利な点がある)もないので、再現性は高くなさそうです。

たくさん稼いでいる人もいるようですが、上位プレイヤーとなって稼ぎ続けるのには相応の労力と運が必要です。

    • 初期投資が必要
    • ゲームとしてのクオリティがまだまだ低めなゲームもある
  • 試行錯誤を続けたり、勉強ができる
  • 仮想通貨の価格変動に動じないメンタル
  • 継続的に投資ができる

NFTゲームで稼いでいくには、いろいろと参入障壁が高く、参入したあと稼ぎ続けるのにも、いろいろと必要とされることが指摘されています。

NFTゲームが稼げると聞いた平凡なサラリーマンが、「ゲームは1日1時間でプレイして稼げてしまう」ような状況は、まずおこらないと考えたほうがよさそうです。

「NFTゲームが稼げる」という話はよく聞いても、「NFTゲームで継続して稼ぎ続けている日本人」の話は、なかなか出てこないですから。

 

ゲームで遊んでいただけなのに、○○万円も稼げちゃいました!

というようなシチュエーションは、現行ではかなり難しいです。

初期投資に最低3万円というところで、ほとんどの人は入っていくのに躊躇すると思いますが、入ったあとも勝ちを目指して努力を積み上げないと、継続して収益をあげ続けるのは難しいというのが現状です。

とはいえ、NFTゲームの市場規模は拡大傾向です

ここまでNFTゲームで稼ぐのは簡単ではないですよ、誰でも稼げるわけではないですよ?ということを解説してきました。

しかし、ここまで解説した内容は「個人の素養や向き・不向き」といったことを一切考慮していませんし、NFTゲームの市場や環境も移り変わっています。

NFTゲームもアップデートされることで、稼ぎやすい環境に突然変わっても、おかしくはないです。

仮想通貨で稼いでFIREを達成した人がいるように、NFTゲームで億を稼ぐ人は これからたくさん出てくるのかもしれません。

解説する女性
解説する女性

おすすめの副業に「NFTゲーム」と言われる日がくるかもしれませんね

これから出てくる新しいプラットフォームで稼ぐ方法も

ここまで、NFTゲームで稼げる人はどんな人なのか、どうしたら稼げるのか?という点について解説してきました。

NFTゲームは稼げる!といった話題はメディアでもよく目にします。

いろいろと解説してきましたが、フェイスブックがメタと社名を変更してメタバースに注力しているように、仮想通貨やNFTゲームの市場は、投資額も右肩上がりで増え続けていて、これから大きく伸びていく期待の大きい市場です。

NFTゲームの世界や環境はまだ成熟しているわけではないので、これから大きく変わっていくことが予想されます。

今から既存のゲームに参入するのは、先行者優位もなく 無一文で既にゲームの中で活躍しているランカーに追いつこうということになるので、きびしい戦いになりかねません。

これから稼ぐ方法として、これから出てくる新しいプラットフォームに参入するといった方法もあります。

ポイントを解説する女性
ポイントを解説する女性

みんな同じラインからスタートですから、後発が不利といったこともないからです。

いずれ、市場が成熟して知名度が高まってくれば後発者優位といった要素や、NFTアイテムの売却以外で収益を上げる方法も出てくるでしょうが、現状では準備をしておいて、これから始まる新しいプラットフォームへの参入を検討するという手もあります。

NFTゲームを始めるなら、日本人にも親和性の高そうな「ポルカファンタジー」や、「AMATERAS」などといった新しいプラットフォームが2022年中に登場予定です。

 

※NFTゲームのプレイや投資をする際は、ご自身の判断でお願いいたします。

関連記事:NFTのまとめ

NFTってなんですか?NFTのしくみと具体例をまとめてみる
NFTという文字を雑誌などでも見かけるようになりました。 NFTとは「Non Fungible Token」(ノン ファンジブル トークン)の略で、「非代...
NFT
スポンサーリンク
かさねなをフォローする
スポンサーリンク
かさねなめも

コメント